新築物件の購入!どのような税金が発生するのか

>

不動産所得税とは何なのか

地方に支払う税金

新築住宅を買うということは、土地や建物を取得するという意味になります。
それに対して税金が発生し、名前を不動産取得税と言います。
土地と建物の税率は4パーセントで、こちらも他の税金と同じように軽減措置が用意されています。
ちなみに住宅ではなく新築物件を店舗や事務所として活用する場合でも、不動産取得税を納めなければいけません。
その時も税率が4パーセントとなります。

印紙税や登録免許税は国税という国に納める税金でしたが、今回の不動産取得税は地方税という種類になります。
そのため、自分が暮らす地方に納める税金だと認識しましょう。
新築物件を買う際は想像以上にたくさんの税金がかかるので、混乱しないように気を付けてください。

適応できる住宅の条件

具体的に、どのような時に軽減措置を適応できるのか調べていきましょう。
まず新築物件を買った時の床面積がカギを握っています。
床面積が50平米以上、240平米以下の新築物件を買った時は軽減措置の対象となり、評価額から1200万円を控除することが可能です。
新築物件が長期優良住宅だった時は、控除額が1300万円になります。
普通の住宅よりも、控除額が増えるのは嬉しいですね。

少しでも税金を安く済ませたい人は、長期優良住宅を狙ってください。
長期優良住宅とはエコ機能が搭載されているなど、快適に暮らせる様々な設備がある住宅のことを言います。
費用は高いですが税金を考慮すると、普通の住宅を買った時より出費が減るかもしれません。